つれづれまとみっくす

くる馬WIN5管理人・黒い太陽の個人ブログ。 競馬はもちろん、日常の他愛のないことや興味のあることをてきとーに。

    タグ:骨折

    浜中俊ミッキークイーンで調教再開 来週復帰手応え
    <ヴィクトリアM:1週前追い切り>

     2月7日の東京新聞杯で落馬、複数箇所を骨折して休養中の浜中俊騎手(27)が4日、栗東で約3カ月ぶりに調教に騎乗した。ヴィクトリアM(G1、芝1600メートル、15日=東京)の1週前追い切りでミッキークイーン(牝4、池江)に騎乗。Cウッドでいっぱいに追い、6ハロン81秒3-11秒5でサトノラーゼン(古馬オープン)に4馬身先着した。

     昨年のジャパンC以来となる背中を堪能した浜中は「指示通り、しっかりやりました。相変わらず動きますね。僕がちゃんと追えるかどうかが不安でしたが、いい調教ができたと思います」と、来週の実戦復帰に手応えをつかんだ。

     復帰週は土、日とも1日1鞍勝負。14日の京王杯SC(G2、芝1400メートル、東京)のダッシングブレイズ(牡4、吉村)には今日5日の追い切りにも騎乗予定。東京新聞杯で落馬した因縁浅からぬパートナーだが「また内に突っ込みますよ」と笑顔で話した。

     翌日のクイーンには「2戦連続でのマイル戦、直線が長い東京になるのはいい条件。何より、両オーナーには負傷明けでも乗せてもらえることに感謝しています。これを励みにリハビリをやってこれた」。

    結果的に怪我をしてしまったのが残念だが、あそこで突っ込んでいけない騎手は買いたくない。

    あのときは隼人の右ムチでスマートレイアーが左に寄れた上に、ダッシングの右側にいた岩田エキストラエンドは右の大知マイネルアウラートに左に寄られていた。

    浜中が突っ込んだときにスペースはあった訳でこれはもう馬を制御し切れてない他の騎手にも原因。

    浜中本人がびびらずにまたイン突きを狙える度胸があるのはいいことである。

    JRAの馬場は内しか伸びないことは頻発しており公正競馬が行われない原因となっている。

    それだけに下げてから外なんかに回す騎手ではフィエロの鮫島と大差ない。





    ジュエラー骨折 オークス2冠の夢散る
     4月10日に行われた桜花賞をミルコ・デムーロ騎手とのコンビで制したジュエラー(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)が左前脚の第1指骨を剥離骨折したことが分かった。藤岡健一調教師が5日、発表した。

     藤岡健一調教師は「もともと球節にはれのある馬で経過を見ながら調整していたが、昨日(4日)の調教後に歩様が乱れたので確認したら骨折が判明した。大きな骨折ではないですが、オークスは出られません」と説明。

     全治は3カ月で、6日に宮城県の山元トレセンに出発する。週明けには北海道の社台ファームに移動し、手術が行われる予定。師は「オーナーをはじめ、牧場関係者、ファンも期待してくれていたので、こういう結果になって申し訳ないですが、しっかり休養して秋に備えたい」と前を向いた。

      順調に回復すれば、秋華賞(10月16日・京都)を目指す方針で、その前哨戦から復帰の予定だ。

     同馬は11年ドバイワールドCなどを制したヴィクトワールピサの初年度産駒として、昨年11月に京都でデビュー、新馬勝ちを決めた。シンザン記念、チューリップ賞こそ続けて2着に敗れたが、桜花賞ではシンハライトとのゴール前の激戦を2センチ差で制してV。見事に桜花賞馬の座を射止め、

    オークス(22日・東京)での2冠制覇が期待されていた。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2016/05/05/0009053168.shtml


     だからあれほどオークスなら勝てるからNHKなんかに逃げるなと言ってきたのに・・・。

    ライバル1頭減ってくれたやん。

    さすがに木曜だしNHK回避ってもう間に合わんだろなあ(笑)

    小ざかしい真似してるから運まで逃げていくんだよね。

    JCから逃げてエリ女を取りこぼしたブエナビスタ思い出す。

     朝鮮なくして世界平和、、、じゃなくって

    挑戦なくして成功なしやでー。 

    このページのトップヘ