つれづれまとみっくす

くる馬WIN5管理人・黒い太陽の個人ブログ。 競馬はもちろん、日常の他愛のないことや興味のあることをてきとーに。

    タグ:オークス

    以下は今年の東京芝2000mの上位時計

    ◆2016/5/07 プリンシパルS 3歳OP 良
    東京 芝2000 アジュールローズ(7) 1.59.2

    35.3-59.4-35.4/34.9(0.5)

    ◆2016/4/24 府中S 4歳上1600万 良
    東京 芝2000 レアリスタ   (2) 1.59.3

    35.3-58.2-36.6/34.6(2.0)

    ---------- 

    ◆2016/4/24 フローラS 3歳G2 良
    東京 芝2000 チェッキーノ  (3) 1.59.7

    36.0-59.7-36.1/34.8(1.3)

    ◆2016/5/14 夏木立賞 3歳500万 良
    東京 芝2000 マサノヒロイン (1) 1.59.8
     
    37.1-1.01.2-34.8/34.1(0.7)



     ちなみに土曜のメインだったメイステークス(4歳上OP)にレアリスタが出走して0.3差4着
    福永の位置取りが後ろだったとはいえ、福永を乗せた程度で勝てないのでは仕方がない。

    祐一でも勝てるかどうかというのは信頼度に掛かって来る。

    馬場状態の差はあるが、最速がプリンシパルSのアジュールローズの1.59.2 

    NO.2が府中Sのレアリスタの1.59.3で0.1差。

    NO.3のフローラSは1.59.7と府中Sからさらに0.4も遅くなっている。

     これについてはチェッキーノがいくら楽に勝ったところで0.4差は無視できない数値。



     昇級したOPでレアリスタが即通用しなかったことも含め、あくまで時計面だけで考えてみると、チェッキーノのフローラステークスの時計的な価値は1000万以上1600万以下が妥当かもしれない。

     実はクラシックの予想をするにあたって持ち時計を比較していると、ハイレベルの呼び声が高い牡馬のレースよりもチューリップ賞やクイーンCの方がよほど古馬重賞以上の時計で走っている。

     桜花賞やチューリップ賞組が時計面で古馬のG3、OP、1600万下級を上回っていたことを考えるとチェッキーノがいかにフローラステークスを楽勝したところでサンテミリオンやデニムアンドルビーのような怖さは感じない。

     好走してもシンハライトに勝つまでのイメージは湧かないので2着までの見立て。

    ま、まあ、、、戸崎が2週続けてG1を勝つなんてことはほぼほぼありえないのも納得。

    そういうことでチェッキーノの力は認めるけれど2,3着候補までの評価であって勝てるかもしれない思われるような対抗馬ではない。

    シンハライトにトラブルでもなければ。

     【オークス枠順】シンハライトは2枠3番 チェッキーノは7枠13番

     牝馬クラシック第2弾「第77回オークス」(日曜=22日15時40分発走、東京芝2400メートル)の枠順が19日午後、以下のように決まった。

     桜花賞馬ジュエラーの骨折による戦線離脱及び阪神JF&NHKマイルC覇者メジャーエンブレムの不在で1番人気必至となった桜花賞2センチ差2着のシンハライト(池添騎乗)は2枠3番、同0秒3差3着のアットザシーサイド(福永騎乗)は2枠4番、アネモネSを勝って桜花賞の権利を取りながらもオークス取りに路線を定めて前哨戦のフローラSをレースレコードで圧勝したチェッキーノ(戸崎圭騎乗)は7枠13番からスタートする。

     トライアル組ではなくフラワーCを制しての参戦となるエンジェルフェイス(ルメール騎乗)は6枠11番、忘れな草賞を快勝してキャリア4戦目でクラシック制覇に挑むロッテンマイヤー(T・ベリー騎乗)は8枠17番に入った。

     なお、このレースは21日(土曜)から前売りが開始される。

    ★「オークス」枠順と騎手(全馬55キロ)★

    【1枠】 1番 フロムマイハート  石橋
    【1枠】 2番 アウェイク     吉田豊
    【2枠】 3番 シンハライト    池添
    【2枠】 4番 アットザシーサイド 福永
    【3枠】 5番 ペプチドサプル   四位
    【3枠】 6番 アドマイヤリード  岩田
    【4枠】 7番 ゲッカコウ     柴田大
    【4枠】 8番 デンコウアンジュ  川田
    【5枠】 9番 ウインファビラス  松岡
    【5枠】10番 ダンツペンダント  古川
    【6枠】11番 エンジェルフェイス ルメール
    【6枠】12番 フロンテアクイーン 蛯名
    【7枠】13番 チェッキーノ    戸崎圭
    【7枠】14番 ビッシュ      M・デムーロ
    【7枠】15番 レッドアヴァンセ  田辺
    【8枠】16番 ジェラシー     横山典
    【8枠】17番 ロッテンマイヤー  T・ベリー
    【8枠】18番 ダイワドレッサー  三浦

    東スポWeb 5月19日(木)14時14分配信

     シンハライト内に入ったのか。

    強い馬だからできればごちゃつかない外の方がよかったんだけどなあ。 

     わかっちゃいるけどジェラシーとジュエラー紛らわしい(笑) 

    フロムマイハートはちょろっとだけ買うか。 

    ずっと引きこもってばっかりだけどGW楽しいですお( ^q^ )

    【理由はこちら】ねーちゃん! あしたっていまさッ!おれは反省をやめるぞ! ジョジョ―――ッ!! (05/01)
    20160501win5

    それはともかくとして今週は今週の予想をしっかりと組み立てたい。

    勿論、データ理論派を自負している立場からは能力比較やレースのシミュレーションも。

    ■2016各競馬場ごとの芝1600mの上位時計
    ◆京都
    2016/4/24 マイC 京都 クルーガー(3)     1.32.6 34.0/前3F34.1
    2016/1/05 京金杯 京都 ウインプリメーラ(3)  1.33.0 33.9/前3F34.6

    ※いずれも内前残り馬場とはいえ、34.0前後で差し切り勝ち。

    ◆中山
    2016/4/03 DB卿 中山 マジックタイム(5)   1.32.8 33.8/前3F35.3
    2016/4/09 NZT 中山 ダンツプリウス(2)   1.33.9 34.8/前3F34.9

    ※同じく内前残りだった中山の馬場状態は京都に酷似。

    ◆阪神
    2016/3/05 チュ賞 阪神 シンハライト(2)    1.32.8 33.0/前3F34.6
    2016/3/27 六甲S 阪神 ダノンリバティ(2)   1.33.1 33.9/前3F35.5
    2016/4/09 阪神牝 阪神 スマートレイアー(2)  1.33.1 34.2/前3F35.2
    2016/4/10 桜花賞 阪神 ジュエラー(3)     1.33.4 33.0/前3F34.8

    ※阪神は外差しも決まる馬場でフラット。

    ◆東京
    2016/2/13 クイC 東京 メジャーエンブレム(1) 1.32.5 34.7/前3F34.4
    2016/1/31 節分S 東京 マジックタイム(1)   1.33.4 34.4/前3F34.9
    2016/4/30 秩父特 東京 ミッキージョイ(1)   1.33.4 33.7/前3F35.8

    ※東京は中山京都と同じく内前残り馬場。


    ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件
    ミルコ・デムーロ
    KADOKAWA
    2016-04-06






    ■考察
    3歳牝馬のジュエラー、シンハライト、メジャーエンブレムの時計は、古馬重賞と遜色ないハイレベルのレース内容。

    ★桜花賞の敗因とは?

    むしろ桜花賞はメジャーエンブレムがレースレベルを下げてしまったという皮肉。

    前半3Fが34.8でしかない流れでルメールは自分の意思で手綱を引いたにもかかわらず、馬の行きっぷりのせいにしたのはわが身可愛さのコメントで見苦しい言い訳。

    田村師は「今回は積極的な競馬を指示して、この馬らしさを出したい」と巻き返しへ自信。

    桜花賞ではルメールに全権委任した格好だが、まさか控えるとは思ってなかったのだろう。

    で、今回は【お任せ】ではなく積極策を【指示】。

    別に逃げなくてもいいというのはわかる話だが、やっぱり逃げた方がいいし、今の東京の馬場は前残りするから尚更のこと。

    ちなみに以下は過去のNHKマイルC参考情報。



    ◆NHKマイルC逃げ先行馬優勝時
    2015/5/10 NHK 東京 クラリティスカイ(3)  1.33.5 33.9/前3F35.3
    2014/5/11 NHK 東京 ミッキーアイル(1)   1.33.2 34.8/前3F34.6
    2012/5/06 NHK 東京 カレンブラックヒル(1) 1.34.5 34.6/前3F35.1
    2009/5/10 NHK 東京 ジョーカプチーノ(10)  1.32.4 34.7/前3F34.3 



    いずれもスローの逃げ馬が残る展開からの勝利。

    クラリティスカイの昨年は逃げたアルビアーノが2着。

    むしろこの中で強い勝ち方をしているのは10番人気だったジョーカプチーノ。

    康太がG1初勝利したのがこれだったと思う。


    ★桜花賞
    12.4-23.1-34.8-47.1-59.1-70.5-81.8-93.4 (34.8-34.3)

    ★クイーンC
    12.3-23.1-34.4-46.1-57.8-69.0-80.6-92.5 (34.4-34.7)

    前後半の3Fラップバランスを見てもわかるように桜花賞はクソ騎乗と言って差し支えない。

    おそらくメジャーエンブレムなら前半は34秒切るくらいでも堪えられるのではないか。

    それこそ皐月賞のミルコくらいは飛ばしても問題がない。

    ラップバランスとしてもジョーカプチーノが勝った年の1.32.4/3F34.7/前半34.3のイメージ。

    まああの年はゲットフルマークスが逃げての番手がジョーカプチーノだった訳だが。

    ■結論
    データ的には逃げさえすればおそらく勝てる計算。

    だが、クリストフにケチがついているのがG1レース。

    昨秋も悉く人気馬を沈めてきたのがこの男。

    挙句に洋物福永なんてあだ名をつけられる有様。

    個人的にはオークスに出ていれば確勝級と考えていただけにこの判断は否定的。

    相手関係を見てのことだろうが、ここならロードクエストで戦える。

    左回りとマイル戦ではまだまだ底を見せていないのがこの馬。

    敗れた2戦は中山芝2000のホープフルSと芝1800mのスプリングS。

    しかもこの馬の父であるマツリダゴッホは中山専用機と言われたほどの馬。

    それなのに子のロードクエストはウオッカのように左回り専用機というのは面白い。

    エアスピネルが出て来たら勿論本命にしたのだが、あちらはあえての挑戦を選択。

    メジャーエンブレムは騎手がミスをしただけで馬には問題がないのにオークスから逃げた。

    こちらは場当たり的な匂いがして気に入らない。





    ■2015新潟2歳S(G3)ロードクエスト



    やっぱり強いよねえ1600mのロードクエスト

    このページのトップヘ