つれづれまとみっくす

くる馬WIN5管理人・黒い太陽の個人ブログ。 競馬はもちろん、日常の他愛のないことや興味のあることをてきとーに。

    カテゴリ:競馬 > 天皇賞春

    さてさて天皇賞の枠順が発表となったわけだが。。。

    ゴールドアクターは8枠17番からのスタート/天皇賞・春枠順

     5月1日に京都競馬場で行われる、第153回天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・1着賞金1億5000万円)の枠順が28日確定した。
    1-1 キタサンブラック(牡4、武豊・清水久詞)
    1-2 トゥインクル(牡5、勝浦正樹・牧田和弥)
    2-3 カレンミロティック(セ8、池添謙一・平田修)
    2-4 トーセンレーヴ(牡8、武幸四郎・池江泰寿)
    3-5 フェイムゲーム(牡6、H.ボウマン・宗像義忠)
    3-6 アドマイヤデウス(牡5、岩田康誠・橋田満)
    4-7 ファタモルガーナ(セ8、内田博幸・荒川義之)
    4-8 シュヴァルグラン(牡4、福永祐一・友道康夫)
    5-9 トーホウジャッカル(牡5、酒井学・谷潔)
    5-10 アルバート(牡5、C.ルメール・堀宣行)
    6-11 タンタアレグリア(牡4、蛯名正義・国枝栄)
    6-12 ヤマニンボワラクテ(セ5、丸山元気・松永幹夫)
    7-13 マイネルメダリスト(牡8、柴田大知・田中清隆)
    7-14 サトノノブレス(牡6、和田竜二・池江泰寿)
    7-15 サウンズオブアース(牡5、藤岡佑介・藤岡健一)
    8-16 ファントムライト(牡7、三浦皇成・藤原英昭)
    8-17 ゴールドアクター(牡5、吉田隼人・中川公成)
    8-18 レーヴミストラル(牡4、川田将雅・高野友和)
    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000001-kiba-horse


    マイラーズCでも外を回したフィエロが伸びなかったように京都の馬場はトリッキー。

    フィエロも普通の馬場ならあれでも悪くはなかったけど極端な内前馬場に造られていただけに厳しかった。

    え?公正競馬でそんなことあるわけないでしょ!



    ar

     
    どころがどっこいあるんです(川平慈英風) 

    開幕週の京都にはよくある公式の八百長馬場なんでね(笑) 


    こんなときは迷わず内の逃げ先行馬を買っておけばいい。



    2枠4番の絶好枠で菊花賞を勝ったキタサンブラックが今回はあからさまな1枠1番に陰謀説を唱えたいくらい。

     対してゴールドアクターはよりによって8枠17番てのは結構な嫌がら、いや、試練だね。

    サウンズオブアースにしても7枠15番と外寄り。

    近走で分が悪いゴールドアクター相手なら尚のことゴールドよりは内枠が欲しかったところ。 

    豊さんはとにかく出遅れだけ注意したいね。

    スタートさえ決めたらあとはインベタの経済コースをロスなく回ってくればいいだけのレース。

    仕掛けのタイミングや馬群の捌き方なんてのはこの人にとっては今更。

    少なくとも隼人や佑介に遅れは取らないだろう。 



    にしても母父サクラバクシンオーVS母父キョウワリシバとはこれいかに。 


    時代は変わったよね。 

    強い馬が強い勝ち方をする王道オブ王道だった天皇賞春も最近はあっと驚くダイユウサクなレースも増えた。

    ただ、その内容もジャイアントキリング的な大駆けでもなく人災が色濃い。

    日本の競馬に蔓延するスローペース症候群の弊害ではないだろうか。

    競馬の波乱が穴馬の差し追込みよりも圧倒的にノーマークの逃げ馬の前残りが多いのももはや恒例行事。

    ゴールが前にある以上は、前にいないと話にならないのがレースである。

    折り合いばかり気にしてズルズルとポジションを下げてばかりでは積極的に乗る外国人騎手に太刀打ちできないのは容易に想像が出来たこと。

    日本人騎手の応援をしたい気持ちがあったとしても馬券を買う側からすれば当たらないと意味がない。

    馬主が外国人騎手を乗せたがるのは仕方のないことだろう。

    誰だってそーする おれもそーする。

    ではここからが本題。

    大きく影響するデータをピックしてフィルタリングしてみたい。

    ■前走レース
    阪神大賞典 4.0.3.48/55
    日経賞   3.5.3.41/52
    産経大阪杯 2.3.2.13/20
    京都記念  1.1.0.2/4

    ⇒OUT
    サトノノブレス
    トゥインクル
    ファントムライト
    マドリードカフェ
    ヤマニンボワラクテ

    ■G1連対実績有無
    ⇒OUT
    アドマイヤデウス
    アルバート
    シュヴァルグラン
    タンタアレグリア
    トーセンレーヴ
    ファタモルガーナ
    ファントムライト
    マイネルメダリスト
    マドリードカフェ
    ヤマニンボワラクテ
    レーヴミストラル

    ■前走の着順
    1着     6.6.2.29/43
    2着     2.0.4.21/27
    3着     0.2.2.17/21
    ----------
    4着     0.0.1.16/17
    5着     1.0.0.13/14 ★フェノーメノ
    6~9着   0.1.0.33/34
    10着下   1.1.1.13/16 ★ビートブラック

    ※フェノーメノは既にG1勝ち実績あり。
    余裕残しの休み明けを叩いての変わり身なら納得。

    ビートブラックはオルフェーヴルの事故的な凡走のタナボタ勝利。

    となると前走連対が必須条件で確定。
    成績の壁となっているのは前走3着のため、3着までは情状酌量の余地あり。

    ⇒OUT
    アルバート
    カレンミロティック ★G1連対実績
    トーセンレーヴ
    トーホウジャッカル ★G1勝ち馬
    マイネルメダリスト
    レーヴミストラル

    ■前走からの乗り替り
    同一     7.8.8.76/99  
    乗替     3.2.2.66/73  

    ゴールドシップ 岩田⇒横山
    ビートブラック 浜中⇒石橋脩
    ジャガーメイル ルメール⇒ウィリアムス

    ⇒OUT
    サウンズオブアース
    トーホウジャッカル
    フェイムゲーム

    ■まとめ
    ★基本的にG1勝ち実績のある馬が好成績を残すのは当然。

    データ的にほぼ満点なのが人気確実の2頭。

    近年主流となりつつある日経賞と大阪杯経由。

    阪神大賞典組はかつては絶対的なステップだったが、
    時代の流れと共に低迷しつつある。

    そりゃ大阪杯がG1になるわけだ。

    ゴールドアクター
    キタサンブラック

    ★前走3着以内でかつG1連対実績のある馬。

    いずれも乗り替りが引っ掛かる減点材料となった。

    サウンズの佑介の乗り替りは三浦よりはマシ。

    フェイムは宏司が乗れなくてボウマンとなったが、
    ボウマンは結構乗れる騎手。

    先日のクイーンエリザベス2世カップでもウェルテルで優勝。
    ここの乗り替りはむしろプラスに出る可能性も?

    サウンズオブアース
    フェイムゲーム

    ★連下、3着穴にサトノノブレス。

    消去法を含めての候補は以下の5頭。

    ■データの推奨馬
    ゴールドアクター
    キタサンブラック
    ----------WIN5ならここまで
    サウンズオブアース
    フェイムゲーム
    サトノノブレス

    このページのトップヘ