高配当の馬券を的中したいなら人気馬がどうやったら負けるのかを考えないとね。

で、やっぱり思いつくのが今年の皐月賞がレアケースだったこと。

基本的に折り合いゲームに終始する日本の騎手はスローペース症候群ばかり。 

そこへきて馬場造園課が内しか伸びない偏重馬場なんて作るから酷いときは公正競馬の建前なんて形骸化してしまう。 

前残りが多いのは馬のせいでなくてただの人災なんだよねえ。

調教師の指示がそんなだから騎手ばかり責めても仕方がないのだけど・・・。 

そんな中で3コーナーからリオンディーズをぶっ放したミルコ(笑)

あれでも本人はスローだと思ってたらしい。

外国人騎手がペースを読めないという噂は本当かも。

それに比べたら豊さんがレース作るときなんか綺麗なラップ刻むもんなあ。 

かつてオリビエが日本の競馬はユタカの後ろについていけば勝てると言ってた意味が良くわかる。

それはともかくとして皐月賞がレアケースならダービーはレアケースではない可能性が高い。

そりゃそうだよ。 

つうわけでデータの裏づけを以下に。 

■東京優駿(G1)過去10年の結果

◆2015                 
1着7枠14ドゥラメンテ  M.デ2.23.208-0733.91
2着1枠1サトノラーゼン 岩田2.23.509-0734.25
3着6枠11サトノクラウン C.ル2.23.514-1333.83
◆2014
1着1枠2ワンアンドオンリー横山2.24.606-0534.03
2着7枠13イスラボニータ 蛯名2.24.703-0234.31
3着2枠3マイネルフロスト松岡2.24.907-0634.212
◆2013        
1着1枠1キズナ     武豊2.24.314-1433.51
2着5枠9エピファネイア 福永2.24.410-1033.93
3着2枠3アポロソニック 勝浦2.24.602-0135.58
◆2012
1着5枠10ディープブリランテ岩田2.23.804-0334.53
2着6枠11フェノーメノ  蛯名2.23.806-0733.95
3着7枠14トーセンホマレボシC.ウ2.23.902-0236.17
◆2011        
1着3枠5オルフェーヴル 池添2.30.514-1234.81
2着1枠1ウインバリアシオン安藤2.30.815-1534.710
3着4枠7ベルシャザール 後藤2.31.905-0536.78
◆2010        
1着1枠1エイシンフラッシュ内田2.26.909-1132.77
2着4枠8ローズキングダム後藤2.26.909-0632.95
3着4枠7ヴィクトワールピサ岩田2.27.207-0933.11
◆2009        
1着1枠1ロジユニヴァース横山2.33.703-0339.22
2着6枠12リーチザクラウン武豊2.34.402-0240.25
3着5枠10アントニオバローズ角田2.34.405-0539.88
◆2008        
1着1枠1ディープスカイ 四位2.26.714-1534.21
2着4枠7スマイルジャック小牧2.26.903-0335.512
3着2枠3ブラックシェル 武豊2.27.012-1334.76
◆2007        
1着2枠3ウオッカ    四位2.24.511-0833.03
2着8枠16アサクサキングス福永2.25.001-0134.914
3着7枠14アドマイヤオーラ岩田2.25.307-0933.74
◆2006        
1着1枠2メイショウサムソン石守2.27.903-0335.11
2着3枠6アドマイヤメイン善臣2.28.001-0135.44
3着7枠15ドリームパスポート四位2.28.313-1234.97

■4コーナーで9番手以内に位置していた馬の成績

6.8.7

※1-3着トータルが10.10.10となるから
21/30の馬券対象で7割。

■4コーナーで5番手以内に位置していた馬の成績

4.5.4


2016第76回皐月賞(G1)の結果
1着ディーマジェスティ蛯名正義1.57.9R34.012-10二ノ宮敬8
2着マカヒキ川田将雅1.58.111/433.915-13友道康夫3
3着サトノダイヤモンドルメール1.58.311/434.809-05池江泰寿1
4着エアスピネル武豊1.58.41/2+ハナ35.506-03笹田和秀4
5着リオンディーズデムーロ1.58.44位降着36.101-01角居勝彦2


※石川のリスペクトアースが飛ばし、ミルコが暴走して3角先頭。
結果的にハイペースとなってしまったが、ダービーの乗り方としては正解に近いかもしれない。

本人も失敗と認めているだけにさすがに今回はもう少し押さえるとは思われる。

ただ、ダービーは自分から勝ちに行かないと勝つことが出来ないレース。
皐月賞の川田の乗り方なんてのは以ての外。

あれは勝ちたい騎手の乗り方ではなく、叱られないで済む乗り方。 
いかにも川田らしい考え方であり、あれがベストと判断して乗っていたなら廃業した方がいいレベル。 

■東京の直線が長いと油断しているとミスをする

ダービーポジションは10番手以内。

ゴール板を先に駆け抜けた方が勝ちである以上は、前にいる馬が有利なのは当然。

競馬が荒れたとき、荒れる原因はハイペースによる追い込み馬決着より、圧倒的にスローの前残りが多数。

ノイジーマイノリティよりもサイレントマジョリティなのである(言いたいだけ) 

皐月賞の結果があまりにインパクトが強かったため、どうしても同じ予想をしたがるのが人間。

われわれは覚えているはずだ。

人気馬が来ないから荒れる。

人気薄の逃げ先行馬が残るから荒れる。

そしてそんなときの人気馬とは決まって


【差し、追込み馬】である。 

ダービーの傾向と格式的に勝つのは上位人気馬のどれかだと思うが、2,3着まで人気馬とは限らない。

気がしている(笑)