つれづれまとみっくす

くる馬WIN5管理人・黒い太陽の個人ブログ。 競馬はもちろん、日常の他愛のないことや興味のあることをてきとーに。

     発行部数約275万部を誇るビジネスマンの必読紙「日本経済新聞」。豊富な人脈や取材力を活かした、株価の解説や景気分析が十八番のはずだが、最近は意外な分野の「予想」が注目され、“ギャンブラーの必読紙”になっているのだとか。

     週末の競馬場には専門紙ではなく、日経新聞を片手にレースを見守る人がチラホラ。なぜ、競馬場で日経が読まれているのか。

     実は今、日経の「競馬欄」の予想が「めっちゃ当たる」と競馬ファンの間で話題になっているのだ。日経のスポーツ欄は他紙に比べて小さいが、競馬欄が占めるスペースは意外や広い。さらに意外なのが、その予想的中率の高さだ。

     たとえば5月1日に東京競馬場で開催された12レース中、実に11レースで日経が「本命(◎)」もしくは「対抗(○)」とした馬が1着でターフを駆け抜けた。8日開催の12レースも8レースを的中。各日のメインレースとなった1日の天皇賞と8日のNHKマイルカップ(いずれもGI)でも、日経はいずれも勝ち馬に「○」の印を付けていた。

     これからオークス(5月22日)、日本ダービー(5月29日)、安田記念(6月5日)、宝塚記念(6月26日)と大きなレースが続くこともあり、注目を集めている。

     しかし、運動部の記者が少ない日経の競馬予想がなぜこれほど優れているのか。実は日経には競馬の「専門記者」がいて、取材と予想に励んでいる。競馬専門紙の記者が実情を明かす。

    「全国紙で競馬専門の社員記者を置くのは日経だけ。系列のスポーツ紙記者や競馬ジャーナリストの予想を掲載することの多い全国紙としては異例です。関東と関西にそれぞれ記者を常駐させています」

     実は日経新聞と競馬の関わりは深い。競馬中継の全国放送を行なっている短波放送「ラジオNIKKEI」は日経のグループ会社。「日経賞(GII)」や「日経新春杯(GII)」などグレードの高いレースの冠スポンサーでもあり、中央競馬と近い関係にあることから、競馬情報が紙面で大きく扱われるのだ。

    ※週刊ポスト2016年5月27日号

    これって凄いな。

    たとえば5月1日に東京競馬場で開催された12レース中、実に11レースで日経が「本命(◎)」もしくは「対抗(○)」とした馬が1着でターフを駆け抜けた。8日開催の12レースも8レースを的中。各日のメインレースとなった1日の天皇賞と8日のNHKマイルカップ(いずれもGI)でも、日経はいずれも勝ち馬に「○」の印を付けていた。

    これだけのクオリティで印打てるって相当。
    しかも12R中8Rで本命か対抗が勝ってくれるなら通常の馬券ではなくWIN5でこそ効果的。 

    基本的には自分の理論で予想しているが、こういう記者の印なら信頼できるかもね。 


    ■ショウナンパンドラに騎乗予定の池添謙一騎手

    ――マイル戦は1年ぶりになりますが。
    池添 そこが一番(のポイント)だと思います。マイルは中距離とは流れがぜんぜん違います。気をつける部分は色々ありますが、マイルのペースにはパンドラ自身の能力を力で折り合って対応していかなければならないと思っています。本当にそこが一番のポイントだと思います。

    ――今の東京コースはこの馬にとって力を発揮できそうな馬場ですか?
    池添 そうですね。週末の馬場状態がよければ、力を出せると思います。あとは僕がしっかり乗るだけだと思います。

    ――池添騎手はこの春、GIで2着が3回と惜しい競馬が続いていますが
    池添 2着に負けたのは、騎手がヘタクソなだけだ、という一言だと思います。2着が3回続いていますけど。しっかり勝てるように乗りたいと思います。牝馬同士のGIですし、ここは負けられないというのはあるんですけど、さっきも言いましたけど1600というのが一番のポイントなのかな、と思います。

    ――最後に一言
    池添 ヴィクトリアマイルと次に予定している宝塚記念、二つ大事なレースが続きます。しっかり結果を出せるように頑張りたいと思います。

    ■ショウナンパンドラを管理する高野友和調教師

    ――池添騎手はポイントはマイルだと話していました。
    高野 マイルは基本的にこの馬の本当の距離ではないと思います。スタートを出てから自分でダッシュをつけられる馬ではないですし、エンジンがかかるのも吹かして吹かしてジワジワとかけていくタイプです。なので、マイルはこの馬の適性ではないと思います。当然、力があるのはわかっているのですが、このレースを勝つにはひと工夫必要かなという感じはします。適性ではない舞台を馬の能力とジョッキーの技量に委ねなければいけないというレースだと思います。

    ――ひと工夫とは?
    高野 例えば、後ろで悠長にかまえていても、マイルが得意なスピード馬もいるはずですし。そういう点もふまえて、ジョッキーとは作戦を練りたいと思います。追い切りの後、ジョッキーに『厩舎のニュアンスとしては、宝塚でベストに持っていくためにここを使うのだけれど、ジョッキーはそんなことを考えなくていい。このレースを勝ちに行く競馬をして欲しい』とリクエストしました。

    ――ジャパンカップ優勝馬の参戦となります
    高野 ジャパンカップを勝たせてもらった馬としては、気持ち的には当然負けられないな、というのはあります。ただ、東京のマイルというのはこの馬の本当の舞台ではないと思うので、どんと構えて何をしても負けないとは僕は考えていません。他の馬、GIホースを含めて皆さん凄い能力の持ち主ですから。強敵揃いです。こちらもきっちりやっていかなければいけないという感じはします。

    ――最後に一言お願いします
    高野 やっぱり昨年とは立ち位置が違うと思います。この馬の評価を落としたくないですし、馬券を買っていただける馬だと思うので。ジョッキーを含めて厩舎一同、勝ちたいと思っています。よろしくお願いします。





    保身に入らずに潔いコメント。
    馬券を買う側からすれば、そか、じゃあ次は頼んだよとまだ折り合いがつく。

    池添の2着についてはシンハライト、カレンミロティック、ロードクエスト。

    シンハライトは残念ながら運がなかっただけ。
    カレンミロティックはむしろ豊さんの馬をマークして好騎乗。
    ロードクエストは内有利の今の東京で追込み馬が外を回しての2着。

    どれも好騎乗だっただけに評価はされるべきだろう。

    全て完璧だったが、結果だけが完璧じゃなかったとか普通に言えてしまうどこかの誰かはもっと凄いけどさ。

    こちらも地味にG1を3着3回してるんだから褒めてあげないと。

    この3パターンが春G1の狙い目?

    1着(ミルコ、武、ルメール)
    2着池添
    3着福永

    そういやサクラローレルで負けた天皇賞秋でノリがスマン全部俺のミスだなんて言ったこともあったっけ。
    まああのときは境先生が俺が乗っても勝てたと言われたくらいだったけど(笑)

    で、本題のショウナンパンドラの話題に戻すとコメント中で明らかに気にしているのがマイル適性。

    調教師すら宝塚への調整って言ってしまってるんですが・・・。

    ヴィクトリアマイルは王道系のG1馬は勝てない傾向が強い。

    ブエナビスタ級でも苦戦したくらい。

    わかりやすい目安としては桜花賞に間に合わなかったタイプの馬は凡走率が非常に高い。

    ショウナンパンドラとミッキークイーンなんかはまさにそう。


     

    日々、馬券生活を研究している小生だが、さすがに競馬以外の収入も確保はしている。

    在宅ワークという名のニートである(ドヤァ

    東京生活からすべてを捨てて実家に逃亡してきたのだから仕方ないね。

    そんな訳で仕事場として机と椅子をしっかり用意することを決意。

    今はガラステーブルに座椅子の環境。




    で、ホームオフィス?自宅職場?まんまだわ。

    それはともかくSOHOって何の略だかの方が知らんかった。

    Small Office /Home Office 

    へえ、、、そういうことやったんか。

    ソーホーってどこかの超人みたいやなって思ってただけで意味まで調べてなかったわ。 

    wm



    で、机はともかくとして椅子は座り心地を確認したいからお値段なりのニ○リで購入。

    ntr


    悪くない買い物をしたと思ってたものの、amazonで調べたらほぼ同じ見た目のものが安いんだよなあ。

     


    3000円くらい安いやないかク○ッタレがwww

    で、次にデスクを選定したけどなかなか種類が多くて難しい。

    悩めるねこれ。










    まあ色々と悩んだ挙句、一番下のヤツに決定。

    考えてみれば部屋が6畳だからそんなにスペースに余裕がないんだよなあ。


    じゃあなんでわざわざ場所取るL字なんかにしたんだよって。。。


    だって、、、、かっこEじゃん、なんか!

    なぜ一番下のにしたのかの理由は折り畳めるから(笑)


    もし場所を取り過ぎるようならサイドテーブルを収納すれば大丈夫。 

    このページのトップヘ