つれづれまとみっくす

くる馬WIN5管理人・黒い太陽の個人ブログ。 競馬はもちろん、日常の他愛のないことや興味のあることをてきとーに。

    以下は今年の東京芝2000mの上位時計

    ◆2016/5/07 プリンシパルS 3歳OP 良
    東京 芝2000 アジュールローズ(7) 1.59.2

    35.3-59.4-35.4/34.9(0.5)

    ◆2016/4/24 府中S 4歳上1600万 良
    東京 芝2000 レアリスタ   (2) 1.59.3

    35.3-58.2-36.6/34.6(2.0)

    ---------- 

    ◆2016/4/24 フローラS 3歳G2 良
    東京 芝2000 チェッキーノ  (3) 1.59.7

    36.0-59.7-36.1/34.8(1.3)

    ◆2016/5/14 夏木立賞 3歳500万 良
    東京 芝2000 マサノヒロイン (1) 1.59.8
     
    37.1-1.01.2-34.8/34.1(0.7)



     ちなみに土曜のメインだったメイステークス(4歳上OP)にレアリスタが出走して0.3差4着
    福永の位置取りが後ろだったとはいえ、福永を乗せた程度で勝てないのでは仕方がない。

    祐一でも勝てるかどうかというのは信頼度に掛かって来る。

    馬場状態の差はあるが、最速がプリンシパルSのアジュールローズの1.59.2 

    NO.2が府中Sのレアリスタの1.59.3で0.1差。

    NO.3のフローラSは1.59.7と府中Sからさらに0.4も遅くなっている。

     これについてはチェッキーノがいくら楽に勝ったところで0.4差は無視できない数値。



     昇級したOPでレアリスタが即通用しなかったことも含め、あくまで時計面だけで考えてみると、チェッキーノのフローラステークスの時計的な価値は1000万以上1600万以下が妥当かもしれない。

     実はクラシックの予想をするにあたって持ち時計を比較していると、ハイレベルの呼び声が高い牡馬のレースよりもチューリップ賞やクイーンCの方がよほど古馬重賞以上の時計で走っている。

     桜花賞やチューリップ賞組が時計面で古馬のG3、OP、1600万下級を上回っていたことを考えるとチェッキーノがいかにフローラステークスを楽勝したところでサンテミリオンやデニムアンドルビーのような怖さは感じない。

     好走してもシンハライトに勝つまでのイメージは湧かないので2着までの見立て。

    ま、まあ、、、戸崎が2週続けてG1を勝つなんてことはほぼほぼありえないのも納得。

    そういうことでチェッキーノの力は認めるけれど2,3着候補までの評価であって勝てるかもしれない思われるような対抗馬ではない。

    シンハライトにトラブルでもなければ。

     【オークス枠順】シンハライトは2枠3番 チェッキーノは7枠13番

     牝馬クラシック第2弾「第77回オークス」(日曜=22日15時40分発走、東京芝2400メートル)の枠順が19日午後、以下のように決まった。

     桜花賞馬ジュエラーの骨折による戦線離脱及び阪神JF&NHKマイルC覇者メジャーエンブレムの不在で1番人気必至となった桜花賞2センチ差2着のシンハライト(池添騎乗)は2枠3番、同0秒3差3着のアットザシーサイド(福永騎乗)は2枠4番、アネモネSを勝って桜花賞の権利を取りながらもオークス取りに路線を定めて前哨戦のフローラSをレースレコードで圧勝したチェッキーノ(戸崎圭騎乗)は7枠13番からスタートする。

     トライアル組ではなくフラワーCを制しての参戦となるエンジェルフェイス(ルメール騎乗)は6枠11番、忘れな草賞を快勝してキャリア4戦目でクラシック制覇に挑むロッテンマイヤー(T・ベリー騎乗)は8枠17番に入った。

     なお、このレースは21日(土曜)から前売りが開始される。

    ★「オークス」枠順と騎手(全馬55キロ)★

    【1枠】 1番 フロムマイハート  石橋
    【1枠】 2番 アウェイク     吉田豊
    【2枠】 3番 シンハライト    池添
    【2枠】 4番 アットザシーサイド 福永
    【3枠】 5番 ペプチドサプル   四位
    【3枠】 6番 アドマイヤリード  岩田
    【4枠】 7番 ゲッカコウ     柴田大
    【4枠】 8番 デンコウアンジュ  川田
    【5枠】 9番 ウインファビラス  松岡
    【5枠】10番 ダンツペンダント  古川
    【6枠】11番 エンジェルフェイス ルメール
    【6枠】12番 フロンテアクイーン 蛯名
    【7枠】13番 チェッキーノ    戸崎圭
    【7枠】14番 ビッシュ      M・デムーロ
    【7枠】15番 レッドアヴァンセ  田辺
    【8枠】16番 ジェラシー     横山典
    【8枠】17番 ロッテンマイヤー  T・ベリー
    【8枠】18番 ダイワドレッサー  三浦

    東スポWeb 5月19日(木)14時14分配信

     シンハライト内に入ったのか。

    強い馬だからできればごちゃつかない外の方がよかったんだけどなあ。 

     わかっちゃいるけどジェラシーとジュエラー紛らわしい(笑) 

    フロムマイハートはちょろっとだけ買うか。 

     JRAは17日、外国人騎手の短期免許制度を見直し、来年から免許交付騎手の成績基準などを変更することを発表した。

     外国人騎手の短期免許制度は1994年にJRA騎手の技術向上や国際親善を目的として導入。一定の成果が得られたが、近年は負担重量の超過や禁止薬物の使用などで制裁を受けるケースがあり、JRAは現行制度の変更に着手した。

     大きな変更点は免許取得の前提条件となる成績基準。母国でのリーディング順位(前2年)が、これまでは北米では30位以内、英仏では10位以内だったが、ともに5位以内に変更。アイルランドや豪州は3位以内と狭き門となった。今年来日した騎手では、アイルランドのフランシス・ベリー(交付時の対象となる成績が7位と4位)らが基準外となる。ただし、凱旋門賞などの指定GIを通算2勝以上していれば、リーディング順位は関係ない。

     また、免許期間については一律3カ月以内だったが、新規申請者、騎乗停止処分を1回受けた騎手及び制裁点数が15点を超えた騎手は、翌年の期間が2カ月以内に制限される。人数の「同時期に5人以内」については変更されない。

     JRAによると、リーディング順の基準が設けられた2003年以降、延べ193人に免許を交付したが、新基準に照らすと半数近くが交付対象外となる。

     日本人騎手が勝負弱いから外国人騎手に替えられるのは自業自得ではあるけれど、外国人だって玉石混交だから仕方がない。

     ダメ外人ならクビにされるのは野球やサッカーだって同じだしね。

    結果の出せない外国人を乗せるくらいならまだ若手騎手にチャンスを与えてあげる方がいい。 

    このページのトップヘ